EDでお困りの人へおススメな治療薬

EDで困ってる人はもうしょうがないんだって思っていませんか?治らない…病院に行くのも怖い…そんな思いでいれば症状は悪化していくものです。外用薬がメインだったED治療も現在では名前の知れたバイアグラを始めとする内服薬も増えてきました。自分の好みで治療薬を選べるようになったので安心です。

*

もしかしたら…自分はED?気になったら原因を理解しておこう

      2016/09/23

大体30代から40代位になっていくと男性の精力は減退していってしまうこともあります。
また中には気になる症状があり自分がもしかしたらEDではないかと思うこともありますが、ただ単に疑いを持っているだけでなく、まずは原因を知ることや、さらに思い当たることが自分には無いかどうかということを理解しておきます。

心身ともに原因に繋がる

EDの原因は1つではなく、いくつもあります。自分がどれに当てはまっているか知ることが大切です。そして原因は1つだけじゃなく合わさる場合もあります。

  • ストレスなど心因が原因

その1つがストレスです。
現代社会で生きて行く上ではストレスを感じずにいることはできませんが、ストレスは様々な病気を引き起こしてしまう原因となり、その1つがEDです。

心と体は密接に関わり合っているため、何らかの悩みを抱えている場合も体に症状が出てしまうことはあります。気になる症状がある場合、はっきりと何が原因となっているかが分かることもありますが、時には全く分からない、思い当たることが無いということもあります。その場合はもしかしたら心因性の何かが影響している可能性も否定できません。

  • 糖尿や肥満など器質が原因

また糖尿病もその1つの理由となります。

両者は全く無関係の物に思われてしまうこともありますが、実は血糖値が高い、つまり血液中にブドウ糖が過剰に存在している状態の場合、それによって血管や神経に大きなダメージを与えてしまうことがあります。そのため、糖尿病の合併症としてその症状が出てしまうこともあります。

さらに肥満症もEDの原因として考えることができます。

肥満はただ単に太っているというだけでなく、糖尿病や各種生活習慣病を引き起こしてしまうこともあります。また男性ホルモンの低下をもたらしてしまうため、結果的に性機能に障害を起こしてしまう可能性があるからです。

  • 生活習慣からの影響が原因

また明らかに何か目に見えるものが関係しているだけでなく、生活習慣が影響を及ぼしている場合もあります。

過度に疲れている場合や栄養バランスが崩れている場合も、勃起しにくくなってしまう場合があるからです。もちろん睡眠不足が関係している場合もあるので、気になる症状がある時は生活習慣を見直すことも行います。

原因が1つだけじゃなく重なる場合もある

またEDは器質性のものもあれば、心因性のものも存在しています。

さらにこれらの症状を引き起こす要因は決して1つではなく、いくつものことが複雑に絡み合ってしまっている場合もあります。もちろん最初は器質性のものだったはずなのに、その状態に悩んでしまい結果的に心因性のものとなってしまう場合もあるため、放置しておいても何とかなると言ってそのままにしておかずに、まずは必要に応じて正しい対処をすることから始めます。